環境にやさしく地産地消型のスマートな発電所

分散型エネルギーは、これからの日本社会のキーワード。たとえば、東京郊外で活用されないまま眠る森林間伐材をエネルギーに変えるバイオマスガス発電。電力貯蔵システムと組み合わせた風力発電。エコで賢いアイデアとソリューションで、社会に原動力を与えます。

  • スマート変電所向けソリューション
  • イエンバッハ・ガスエンジン
  • 航空機転用型ガスタービン
  • Proficyソフトウェア製品
  • 風力発電 タービン
  • 省エネ

スマート変電所向けソリューション

自立分散型のマイクログリッドの発展、高変動の新エネルギーの割合増加、電力の使われ方も日本の成長とともに大きく変化しています。電力エネルギーの最大・最適な活用の為には、発電から送電、配電、と最終需要家までをつなげる電力グリッド(電力網)そのものの効率化が必須です。GEはサイバーセキュリティに優れた最新技術とデータ解析技術で電力グリッド運営のコスト削減と設備全体の高機能化を実現します。GEは、発電所や送配電所における受変電設備、環境負荷低減型のガス絶縁開閉装置といった最先端テクノロジー、デジタル技術による自動化と遠隔監視・遠隔管理や、広域のエネルギーマネジメントシステムなどのソリューションで電力グリッドのデジタル化を推進しています。詳しく見る>>

  • ビッグデータ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 分散型電源

イエンバッハ ガスエンジン

世界で2万台以上の納入実績を誇るイエンバッハは、発電効率の高い、優れたガスエンジンです。特に総合効率に秀で、排気ガスの熱やエンジンを冷却する為に使った水を、蒸気や温水として回収するコジェネシステムとして活躍。またバイオマスから精製されるガスを燃料とした発電では世界シェアの70%(出力ベース)を誇り、脱炭素社会へと大きく貢献。日本国内では、工場やスタジアム、総合病院などに導入され、電力供給だけでなく発電時に回収された熱が冷暖房用の熱源になるなど、様々な用途で利用されています。ロンドンオリンピックでもイエンバッハは各会場に電力を供給し、発電時に発生した熱源は温水プール等の熱源として活用されました。詳しく見る>>

  • 再生可能エネルギー電源安定化

航空機転用型ガスタービン LM2500

航空機エンジンを発電用に転用したGEならではのユニークなガスタービンがLM2500です。航空機エンジンは離着陸時の大きな出力変動にも対応できる絶対の安全性と効率性が求められます。その技術を受け継いだLM2500は無事故率(Reliability)99.9%という驚異的な実績を誇り、他機種の追随を許しません。国内でも導入が進む再生可能エネルギーはCO 2を排出しない魅力的な電源である一方、風や太陽に依存することから、電力の安定供給する事が難しい側面も。LM2500は、その優れた出力変動能力を活かして再エネの供給を補う、いわゆる『グリッドファーミング』にも適しており、ハワイなどでは風力発電のバックアップを担う電源としても活躍しています。詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー電源安定化
  • 分散型電源
  • ビッグデータ
  • 水不足対策

Proficyソフトウェア製品

GEは、照明/空調/エネルギー/通信/防犯/防災/機械/交通など、各種設備を統合的に監視制御するソフトウェア技術を提供しています。たとえば、照明/空調を最適に制御して施設内の快適な環境を維持。設備運用を最適化することで、高いエネルギー効率社会を実現します。また分散した施設設備からセンサとインターネットを通じて稼働状態や運転状況のデータを取得し、リアルタイムに統合監視が可能。優れた解析機能で運営上の課題を抽出し、迅速に支援を行います。また、携帯情報端末を用いてのデータ支援で現場の生産性を向上します。詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー
  • 分散型電源
  • ビッグデータ

風力発電 タービン2.85-103

近年、米国では新規の発電投資の約半分が風力発電に充てられているほど「燃料不要でCO2排出ゼロ」の風力発電タービンの導入が進んでいます。一方、日本ではこれまで風力発電の普及がなかなか進みませんでした。理由のひとつは、日本独特の風況。国土の狭い日本では、平野部に風力発電機を設置することが難しく、海辺や丘の上に設置することが必然的に多くなります。日本の風は海から入っていっきに傾斜部を駆け上がるため、丘の上に設置される風力タービンは下から吹き上げる風を受け止める能力が必要に。GEが日本向けに開発した風力タービンは、この独特の風況だけでなく落雷や台風にも対応しながら、

全体的な性能も大幅にアップ。発電コストは1キロワットあたり2002年比で約50%以上ダウン、設備稼働効率も30%も向上しており、1基で2000世帯分の電力を供給することが可能に。世界では約3万基ものGE製風力タービンが稼働しており、1,100人のエンジニアたちが世界中で発電所の安定稼働を見守っています。

詳しく見る>>

prev pager next