最先端テクノロジーを駆使し患者さんにやさしい医療を安定して提供

わずかな変化も見逃さない最先端の画像診断テクノロジーを、万が一の時にも病院を安定して稼働させるための最新のインフラ技術が支えます。負担の少ないやさしい医療を、世界からの来訪者や増えゆく高齢の患者さんへ。安全・安心の技術をGEが提供します。

  • 医療用画像診断ソリューション
  • LED
  • イエンバッハ・ガスエンジン
  • Proficyソフトウェア製品
  • ビッグデータ
  • 最先端の医療

医療用画像診断ソリューション

GEはCTやMRI、超音波診断装置など、身体のごくわずかな変化や異常も明らかにしてくれる高度なデジタル画像診断装置を提供しています。たとえば、「Discovery MR750w 3.0T」MRI(磁気共鳴断層撮影装置)は、放射線被ばく無しに正確に臓器や血管、筋肉等、全身の状態を詳細に把握できるだけでなく、MRI検査中の特徴的な音がほとんどしなくなり、患者さまがより安心・安全に検査をうけることができます。このような高度な画像診断技術は、認知症やリウマチなど高齢社会においてニーズが高い疾患領域でも早期発見や早期治療に役立てられており、人々の健康寿命を伸ばし健やかな暮らしをサポートしています。

詳しく見る>>(医療従事者に情報提供することを目的としたサイトです)

  • 省エネ

LED照明ソリューション

1879年にトーマス・エジソンが白熱電球に京都八幡の竹を採用し商用化に成功して以来、GEは照明技術の革新をリードしてきました。1927年には屋外用の高出力照明装置を開発し、米国初のナイターを実現。その後も蛍光ランプ、放電ランプの製品化、世界初の赤色LEDの発明等、人々の生活や産業に不可欠な照明ソリューションを提供しています。オリンピック競技大会において競技場のLED照明は高い信頼性、エネルギー効率に加え、選手の最高のパフォーマンスとその感動を、放送を通じ世界に届けるために、最先端のソリューションとエンジニアリングが不可欠。GEは照明分野で培ってきた技術を東京2020大会でも最大限に発揮し、スポーツの感動を日本から世界へお届けするパートナーとして活動します。

  • ビッグデータ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 分散型電源

イエンバッハ ガスエンジン

世界で2万台以上の納入実績を誇るイエンバッハは、発電効率の高い、優れたガスエンジンです。特に総合効率に秀で、排気ガスの熱やエンジンを冷却する為に使った水を、蒸気や温水として回収するコジェネシステムとして活躍。またバイオマスから精製されるガスを燃料とした発電では世界シェアの70%(出力ベース)を誇り、脱炭素社会へと大きく貢献。日本国内では、工場やスタジアム、総合病院などに導入され、電力供給だけでなく発電時に回収された熱が冷暖房用の熱源になるなど、様々な用途で利用されています。ロンドンオリンピックでもイエンバッハは各会場に電力を供給し、発電時に発生した熱源は温水プール等の熱源として活用されました。詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー電源安定化
  • 分散型電源
  • ビッグデータ
  • 水不足対策

Proficyソフトウェア製品

GEは、照明/空調/エネルギー/通信/防犯/防災/機械/交通など、各種設備を統合的に監視制御するソフトウェア技術を提供しています。たとえば、照明/空調を最適に制御して施設内の快適な環境を維持。設備運用を最適化することで、高いエネルギー効率社会を実現します。また分散した施設設備からセンサとインターネットを通じて稼働状態や運転状況のデータを取得し、リアルタイムに統合監視が可能。優れた解析機能で運営上の課題を抽出し、迅速に支援を行います。また、携帯情報端末を用いてのデータ支援で現場の生産性を向上します。詳しく見る>>

prev pager next