データ解析や高度なシュミレーションで安全に都市と都市をつなぐ交通網

日本と世界をつなぐ空港や都市の基点となる駅は、時間に正確なオペレーションと低炭素で地球にやさしい移動手段として社会を支えています。いつの時代も、高品質で安心安心な交通システムをハードウェアとソフトウェアの両面からサポートしています。

  • 次世代デジタル航空ナビゲーション技術
  • デュラソン
  • LED
  • イエンバッハ・ガスエンジン
  • Proficyソフトウェア製品
  • ビッグデータ

次世代デジタル航空ナビゲーション技術

2014年のサッカー・ワールドカップ開催時期、ブラジルではわずか2か月間に31か国から60万人が入国したほか、300万人の国内旅行者が航空便を利用してリオデジャネイロやサンパウロを訪れました。
それはブラジルの主要都市の空港と航空路の混雑に拍車をかけ、空の路は“スパゲッティの塊のような状態”と揶揄されるまでに至っていました。その経験から、ブラジル政府とGEは、GPSを活用して航路を最適化するとともにコクピットに蓄積された様々な情報を駆使した次世代のデジタル航空ナビゲーション技術Required Navigational Performance(RNP)を共同開発しました。

この技術により航空管制官は一つの航路上に配置する航空機数を効果的に増やすことができ、パイロットが最適でスムースかつ正確に離着陸できる航路設定を実現しました。
ブラジルのゴル航空は、RNPを駆使することで航路を平均で22マイル短縮、飛行時間を7分半短縮できると見積っており、従来の航路と比較して1,620ポンド以上のCO2排出量削減と2400万ドルにのぼるコスト削減を見込んでいます。

詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー電源安定化
  • 分散型電源

デュラソン・電力貯蔵システム

大勢の人が集うスタジアムやアリーナ、または病院や工場のように、莫大な電力を要しながら1秒でも電力供給が止まってしまうと大事故やトラブルを招いてしまうようなシーンでは、非常時でも安定した電力使用を可能にする蓄電ソリューションが活躍します。
蓄電ソリューションは「電力コスト削減」にも有効です。昼間に集中しがちな電力ニーズ。でも、電気料金の安い深夜に蓄電して昼間に使用すれば、電力使用量を平準化でき、ピーク時の使用料に基づいて設定される電気の基本料金を抑えることも可能に。
太陽光や風力など、天候や環境に発電力を左右される弱点をもつ再生可能エネルギーも、十分に発電できているときに蓄電しておけば、施設からの安定した出力を実現可能に。

世界中のニーズがありながら、その技術面のハードルから長い間 世界中の開発者たちを悩ませてきた蓄電技術。GEが完成させた「デュラソン・電力貯蔵システム」は、毒性が少なく99%リサイクル可能な構成物質を採用した、非常に安全で環境にも優しいバッテリーです。

詳しく見る>>

  • 省エネ

LED照明ソリューション

創業者トーマス・エジソンによる白熱電球の発明が、GEの照明事業の始まりです。
米国ではじめてナイター野球が行われたのは1927年のこと。屋外用の高出力照明を開発したGEが企画したものでした。ブラジルで開催されたワールドカップでも、GE製照明が多くのアリーナ会場を照らしました。
LED照明もまた、GEのエンジニア(ニック・ホロニアック)による「赤色LED」発明がきっかけでした。宮城県の県道にLED街路灯を設置したケースでは、それまでの照明器具と比べ年間の消費電力を74%低減、電気料金も74%削減することに成功しています。GEのLED照明ソリューションは大型スタジアム、高速道路、看板、駐車場、植物工場用、商業施設

そして、オフィスやロビー、卓上用まで多彩なラインナップ。世界と日本の様々な場所で利用されているGEのLED照明ソリューション。省エネであるだけでなく、製品寿命の長さもポイント。特に、ランプ交換に脚立やはしご車が必要な高所での利用においては、電気料金のみでなくメンテナンスコストも大幅削減が可能です。

詳しく見る>>

  • ビッグデータ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 分散型電源

イエンバッハ ガスエンジン

世界で20,000台以上の納入実績に裏打ちされるイエンバッハガスエンジンは、発電効率の高い、すぐれたガスエンジンです。
イエンバッハガスエンジンは特に総合効率に秀でており、排気ガスの熱や、エンジンを冷却する為に使った水を、蒸気や温水として回収する事により、コジェネレーションとしての活用が可能です。また、いわゆるバイオマスから精製されるガスを燃料とした発電では世界シェアの70%(出力ベース)を誇り、脱炭素社会へ大きく貢献しています。
日本国内では、工場のほかドーム型の野球場や総合病院などに導入されており、電力を供給するだけでなく発電時に回収された熱が冷暖房用の熱源になるなど、

様々な用途で利用されています。ロンドンオリンピックにもイエンバッハガスエンジンが採用され、各会場に電力を供給すると共に、発電時に発生する熱は温水プールなどの熱源として活用されました。

詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー電源安定化
  • 分散型電源
  • ビッグデータ
  • 水不足対策

Proficyソフトウェア製品

オリンピック大会のための建物設備や地域設備の効率的な運用には、インダストリアル・インターネットが役立ちます。GEのProficy(プロフィシー)ソフトウェアは、照明/空調/エネルギー/通信/防犯/防災/機械/交通など、各種設備を統合的に監視制御するソフトウェア技術を提供します。
たとえば、照明/空調を最適に制御してスタジアムなどの競技施設にとどまらず、選手村/住宅、病院、空港/駅、工場など、あらゆる施設の快適な環境を維持します。また、防犯/防災システムは安全な環境を確保し、非常時の被害を最小限にとどめます。

さらに、設備運用を最適化することで高エネルギー効率を実現します。
分散された拠点の設備からセンサとインターネットを通じて稼働状態や使用状況を取得し、リアルタイムなグラフィック画面での統合監視が可能。優れた解析機能で運営上の課題を抽出し、迅速に支援を行います。また、携帯情報端末を用いてフィールドでの情報交換を促すことで、現場裁量による自律的かつ効果的な新世代の大会運営も期待されます。

詳しく見る>>

prev pager next