データ解析や高度なシュミレーションで安全に都市と都市をつなぐ交通網

日本と世界をつなぐ空港や都市の基点となる駅は、時間に正確なオペレーションと低炭素で地球にやさしい移動手段として社会を支えています。いつの時代も、高品質で安心安心な交通システムをハードウェアとソフトウェアの両面からサポートしています。

  • 次世代デジタル航空ナビゲーション技術
  • LED
  • イエンバッハ・ガスエンジン
  • Proficyソフトウェア製品
  • ビッグデータ

次世代デジタル航空ナビゲーション技術

2014年のサッカーW杯の開催国ブラジルでは大会中わずか2ヶ月間で国内外からの旅行者約360万人が航空便を利用し各会場のある主要都市を訪れました。主要空港と空路の混雑は“スパゲッティの塊のような状態”をブラジルにもたらしました。その経験から、ブラジル政府とGEはGPSを活用して航路を最適化するとともにコクピットに蓄積された様々な情報を駆使した次世代のデジタル航空ナビ技術Required Navigational Performance(RNP)を共同開発。この技術により航空管制官は一つの航路上に配置する航空機数を効果的に増やすことができ、パイロットが最適でスムースかつ正確に離着陸できる航路設定を実現。航路の最適化は飛行時間の短縮とCO 2 排出量の大幅な削減に貢献しています。詳しく見る>>

  • 省エネ

LED照明ソリューション

1879年にトーマス・エジソンが白熱電球に京都八幡の竹を採用し商用化に成功して以来、GEは照明技術の革新をリードしてきました。1927年には屋外用の高出力照明装置を開発し、米国初のナイターを実現。その後も蛍光ランプ、放電ランプの製品化、世界初の赤色LEDの発明等、人々の生活や産業に不可欠な照明ソリューションを提供しています。オリンピック競技大会において競技場のLED照明は高い信頼性、エネルギー効率に加え、選手の最高のパフォーマンスとその感動を、放送を通じ世界に届けるために、最先端のソリューションとエンジニアリングが不可欠。GEは照明分野で培ってきた技術を東京2020大会でも最大限に発揮し、スポーツの感動を日本から世界へお届けするパートナーとして活動します。

  • ビッグデータ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 分散型電源

イエンバッハ ガスエンジン

世界で2万台以上の納入実績を誇るイエンバッハは、発電効率の高い、優れたガスエンジンです。特に総合効率に秀で、排気ガスの熱やエンジンを冷却する為に使った水を、蒸気や温水として回収するコジェネシステムとして活躍。またバイオマスから精製されるガスを燃料とした発電では世界シェアの70%(出力ベース)を誇り、脱炭素社会へと大きく貢献。日本国内では、工場やスタジアム、総合病院などに導入され、電力供給だけでなく発電時に回収された熱が冷暖房用の熱源になるなど、様々な用途で利用されています。ロンドンオリンピックでもイエンバッハは各会場に電力を供給し、発電時に発生した熱源は温水プール等の熱源として活用されました。詳しく見る>>

  • 省エネ
  • 災害時・防災
  • ピークカット
  • 再生可能エネルギー電源安定化
  • 分散型電源
  • ビッグデータ
  • 水不足対策

Proficyソフトウェア製品

GEは、照明/空調/エネルギー/通信/防犯/防災/機械/交通など、各種設備を統合的に監視制御するソフトウェア技術を提供しています。たとえば、照明/空調を最適に制御して施設内の快適な環境を維持。設備運用を最適化することで、高いエネルギー効率社会を実現します。また分散した施設設備からセンサとインターネットを通じて稼働状態や運転状況のデータを取得し、リアルタイムに統合監視が可能。優れた解析機能で運営上の課題を抽出し、迅速に支援を行います。また、携帯情報端末を用いてのデータ支援で現場の生産性を向上します。詳しく見る>>

prev pager next